寄せ墓をお勧めする理由

まるごとえいじのコーナー

本編

寄せ墓とは、多数になった先祖のお墓や地蔵、また離れた場所に散らばった墓を一カ所にまとめ、お骨は一つのお墓または供養塔などに納骨して、スペース的、見栄え的にきれいにすることです。

お花や線香・ローソクの数も減り、一カ所に参れば事足りるので経済的でもあります。

■予算

墓地の大きさやお墓の数、新しく建てる供養塔などにもよるが、弊社実績で言えば、30万円台~300万円台と様々です。

 

■寄せ墓を今のうちにお勧めする理由

・お墓が散らばることで、お花や線香、掃除などもたいへん。
また、不便な場所や汚い墓地にあるようなお墓には、ご年配の人はお参りしても、関係が薄くなるお子様やお孫様はお参りしてくれません。
便利できれいな墓地一カ所にあるお墓は、お参りがしやすいので、多くの方が来てくれます。

・墓じまいブームで、一等地の墓地に空きが増えています。交通の便が良く、広い場所が空いたなら、そこに移すチャンスです。

・作業をする石屋さんが、どんどん少なくなっています。土建屋さんでもできないことはありませんが、新しく建てる場合は、やはり石の性質に精通した石屋さんでないと、上手に建てられないばかりか危険です。

・お墓の処分費が上がり続けています。旧いお墓を残す場所があればよいですが、ほとんどの方は、旧いお墓を廃棄処分されます。しかし、この処分費が高額になっており、現在でも何万円も支払っているのが現実です。

・お墓関係費用は相続財産から割愛されます。
相続税率が見直されて、相続税がかかってしまう方の範囲が拡がりました。
そのため相続税対策で不動産を買う人は増えましたが、購入不動産の評価額が現金で持つよりもせいぜい3割~5割減になるだけです。
しかし、仏壇やお墓にお金をかけても、それは非課税になるので、子孫が将来よけいな出費をしなくてよいように、今のうちにお墓にお金をかけておきましょう。




墓石の移転

今のお墓をもっと便利な墓地に移転したいという方が増えています。
特に新しい墓地が開発された場合に、よくご依頼があります。

WP移転前
墓石移転前 山の山頂付近にあるため、お墓参りが大変でした。
WP移転後
墓石移転後 巻き石や簡単なリフォームも行いました。

寄せ墓でお骨をまとめ、墓地に空きスペースを作った例

寄せ墓
工事前の墓地

1つの墓地内に12基の墓石と2基の地蔵がありました。

工事前2

遠いご親戚や、かなり以前のご先祖のものもあり、毎回お墓参りがたいへんだったとのこと。

工事中

古いお墓を解体して、お骨を取り出します。

工事中2

新墓が建つ場所に、基礎と納骨室(カロート)造りをします。大きな骨壺に入っているお骨は、さらし袋にまとめて納骨します。

完成
寄せ墓工事完了

完成2

寄せ墓が完成しました。既存のもの4基と地蔵1基に新墓2基が加わり、かなりのスペースが空き、将来の子孫が自由に使えるようにしました。釣り灯篭のパイプも新しく作り直しています。