傾いたお墓の建て直しと地震対策

お墓自体がやや後方に傾いており、大きな笠も乗っていることから危ない状態でした。墓前灯篭も大きな地震ですぐ崩れそうな感じです。

巻き石修復

お墓を一旦解体し、外側に開いた巻き石を修復します。再び開かないよう四隅を金具で固定するようにします。

御影石で納骨室を造り、周囲をコンクリートで基礎固めします。

芝石(四つ組石)を組み合わせます。  場合によってはこの時も内側四隅を金具で固定します。

お墓リフォーム

完成です。新しい霊標と線香・ローソク立ての入るステンレス扉付き香炉、花立、釣り灯篭台を設置。地震に弱い大きな笠と猫足(4つの足で立つ台)、墓前灯篭は取り外しました。笠を外すと拝み石の頭が凸凹だったので、形を整えるために再加工しています。 また、割れたコンクリートだった墓地周囲を御影石で囲み、強度を高めました。

お墓の巻き石と納骨室(カロート)について

カロート

お墓をしっかり支える巻き石と、お骨が安らかに眠る納骨室(カロート)。かつては、下台や芝台(四組石)の内側でしたが、近年は地中に埋まる形が多いですね。

規格品のコンクリート枠を入れることが多いですが、弊社では御影石を組み合わせ、建立するお墓サイズに一番合ったサイズで作ります。この見えない部分にこそ、竹田石産のこだわりを見せたいところです。

 

社長ブログより    お墓の巻き石と御影石製納骨室