お墓の付属品 花立・花筒

参考動画「花立・花筒の交換、修理について」

 

本編

ローソク立てや花筒など、付属品の破損などで取替えなどがあれば、お問い合わせ下さい。
*花筒をお求めになる際は、穴の直径と深さを確認の上、ご来店下さい。
在庫が無い場合は取り寄せになります。
2015-08-12 14.59.49 2015-08-12 14.59.59
2015-08-12 14.57.06

 

花立のリフォーム

昔の花立だと、単に穴が開いているだけのものが多いです。

写真 2013-09-27 10 15 35

写真 2013-09-27 10 15 31

 

このタイプだと、中に腐った花や汚れが溜まって、夏場は匂いがひどくなります。

開いている穴も小さいことが多いので、標準の花筒を入れようとしても入らないことがよくあります。

こんなときは、穴を拡幅し、ステンレスの花筒を入れてあげれるようにすると、清潔ですし、ずいぶん使い勝手がよくなりますよ。

花立、ローソク立て、線香立てのリフォーム後
花立、ローソク立て、線香立てのリフォーム後

 

社長ブログより   お墓の周囲、付属品のリフォーム

花立て、ローソク・線香立てを新しいものと交換

リフォーム前

法名碑の幅が狭いので、すでに表面がいっぱいになっていました。
また、花立は石に穴が開いただけのタイプで汚れが溜まりやすい。
ローソク立てや線香立ても空いたスペースに簡易型を置いていますが、風で飛ばされてしまいます。

 

リフォーム後

法名碑を同じ石種で作成し、2つを並べました。表裏が使えますので、あと十数人は記入可能です。
花立とローソク・線香の入る香炉を新しく作成しました。ステンレス扉が付いているので、風雨の日にも火が消えません
ステンレスの花筒を入れているので、掃除や花の取り換えが簡単にできます。
また、奥にあった古地蔵は撤去のうえ、永代供養とさせていただきました。