家紋について

つい数年前に、某占い師が「お墓に家紋を彫ると不幸になる」などと言い出し、お墓の家紋を削ってほしいという注文が増えた時期がありました。
その占い師はテレビで芸人さんの芸名を変えさせたりやりたい放題で、当然それで売れるはずもなく、占い師も芸人さんも今はもう見なくなりました。

まあその話は置いといて、まず家紋とは何なのでしょう?
昔は苗字よりも重要視されていたと言われる一族のマークのことです。

徳川家・丸に三つ葉葵
徳川家・丸に三つ葉葵
豊臣家・五三の桐
豊臣家・五三の桐

 

徳川の家紋は、みなさんよくご存じの「ひかえおろう!」の葵のご紋ですが、時代や家によって少しづつ形が変わっていたと言われています。

さて、お墓の水鉢などに彫られる家紋ですが、自分の家の家紋を知らない人が多いのではないでしょうか?冠婚葬祭の着物で見るくらいで、それもよく似た形が多いので、家紋の名前までは調べる人いないですよね。

だから、お墓を建てる時に我が家の家紋を初めて知る人が多いのです。

よく、”本家のお墓からトレースしてほしい”と言われるのですが、あまり古いお墓のものは参考にしかなりません。
なぜなら、昔の石屋さんの技術では、周囲の丸輪の太さが正確でなかったり、葉っぱの葉脈がいいかげんだったりして、あとでトラブルになりかねないからです。

また、家紋帳に出ていないオリジナルのものもあります。
やはり着物に使用されているもの、または額縁に入った正式なものを元に、家紋帳で念入りに確認し、家紋帳になければ家紋ソフトで正確に原稿を作ってもらって下さい。今どきコンピュータを使用しない石材業者はいないと思いますが、念のため彫刻原稿を出してもらって確認するようにしましょう。

また、家紋に白の黒の色を入れることもありますが、これは好みでよいと思います。ただ、10年以上経つと、色がところどころで剥げはじめ、見栄えが良くなくなるので、最初は見えにくくとも、無色の石肌のみでもよいかもしれませんね。


スポンサードリンク


自分でできる墓地の雑草対策

夏場、墓地の雑草には本当に困ってしまいますね。
見た目にうっとうしいだけでなく、根が土中で延びるものだと、納骨室(カロート)の中にはびこっていたり、ひどい場合には墓石や巻き石などを押し上げ、それらが傾く原因にもなります。

根の浅い普通の雑草なら手でも簡単に抜けますが、茅(かや)のように根が固く、しかもまとまって生えるものは、とても手だけでは無理です。
ウィキペディア:茅

DSC04058

 

こういった種類は、やはり根まで枯らす強力な除草剤で一旦取り除かねばなりません。

広い墓地では、このような道具も便利でしょう。

 

さて、草が抜き終わっても、いずれすぐに種が飛んできて同じような状況になってしまいます。

このようにならないためには、表面にコンクリートや板石を貼るのが一番有効ですが、コンクリートは汚れると見た目が良くないし、板石を貼るのも素人ではまず無理です。

ご自分で安く簡単に対策するには、固まる土を敷くのがおすすめです。
↓↓↓
防草マサ ハイパー(12L) お墓専用の雑草が生えにくい土
簡単とは言っても、表土を5センチくらい剥ぎ取り、その上に敷き詰めて(1㎡あたり3〜4袋)体重か重いもので転圧し、平コテで表面を平らにしたあと、ジョウロで水を万遍なくかけなくてはなりませんから、雑草シーズンの夏場はちょっとキツいかもしれませんね。

防草土敷き

かなりの量の防草土の運搬、抜いた雑草や剥ぎ取った土の処分なども考えれば、お金はかかりますが、シルバー人材センターさんや石材店に頼んだ方が楽ではあります。ちなみに弊社では、防草土敷き後に五色の玉砂利をのせて完成させています。

その他、多めに表土を剥ぎ取ったあと、土木用の安価な砂利を敷き詰め、その上に墓地用の玉砂利を敷くのも雑草には有効ですよ。

 

スポンサードリンク





★楽天市場 人気のふるさと納税お礼の品ランキング★

分骨について

宗教的な意味での分骨

火葬場からお骨を持ち帰る際、お骨を入れた骨壺のほかに、お骨の一部を小さい骨壺に入れて渡されます。これを分骨といい、本来は宗派の本山に納めることになっています。ちなみに、私の家は真言宗なので、祖父の分骨を高野山まで納めに行ったことをよく覚えています。

さて、この分骨ですが、最近では本山まで行かず、檀家となっているお寺さんにお納めするケースが増えているようです。本山まで納めに行くのは、お布施の金額もそうですが、とにかく費用と時間がかかるというのがその理由のようです。

また、分骨の骨壺をお墓のカロート(納骨室)に大きいものと一緒に入れる方もおられます。カロートが小さく、両方入らないときは大きい骨壺にお骨をまとめて入れることもあります。近年ではお寺の檀家にならないという方も増えており、そのような家の方はお墓にすべて入れているようです。

 

故人を身近で供養したい

以上のように宗教的な解釈で行われてきた分骨ですが、ここ数年で別の意味が加わってきました。それは、手元供養という新しい形で、小さくおしゃれな骨壺に入れ直して自宅で日常的に供養をしたり、ペンダントなどに加工して身に着ける方式です。

これからもお骨の保管については様々な形式が産まれてくると思いますが、故人を大切に思う気持ちを失わないのであれば、それがどのような形にせよ、十分供養になると思います。

 

スポンサードリンク