寄せ墓をお勧めする理由

まるごとえいじのコーナー

本編

寄せ墓とは、多数になった先祖のお墓や地蔵、また離れた場所に散らばった墓を一カ所にまとめ、お骨は一つのお墓または供養塔などに納骨して、スペース的、見栄え的にきれいにすることです。

お花や線香・ローソクの数も減り、一カ所に参れば事足りるので経済的でもあります。

■予算

墓地の大きさやお墓の数、新しく建てる供養塔などにもよるが、弊社実績で言えば、30万円台~300万円台と様々です。

 

■寄せ墓を今のうちにお勧めする理由

・お墓が散らばることで、お花や線香、掃除などもたいへん。
また、不便な場所や汚い墓地にあるようなお墓には、ご年配の人はお参りしても、関係が薄くなるお子様やお孫様はお参りしてくれません。
便利できれいな墓地一カ所にあるお墓は、お参りがしやすいので、多くの方が来てくれます。

・墓じまいブームで、一等地の墓地に空きが増えています。交通の便が良く、広い場所が空いたなら、そこに移すチャンスです。

・作業をする石屋さんが、どんどん少なくなっています。土建屋さんでもできないことはありませんが、新しく建てる場合は、やはり石の性質に精通した石屋さんでないと、上手に建てられないばかりか危険です。

・お墓の処分費が上がり続けています。旧いお墓を残す場所があればよいですが、ほとんどの方は、旧いお墓を廃棄処分されます。しかし、この処分費が高額になっており、現在でも何万円も支払っているのが現実です。

・お墓関係費用は相続財産から割愛されます。
相続税率が見直されて、相続税がかかってしまう方の範囲が拡がりました。
そのため相続税対策で不動産を買う人は増えましたが、購入不動産の評価額が現金で持つよりもせいぜい3割~5割減になるだけです。
しかし、仏壇やお墓にお金をかけても、それは非課税になるので、子孫が将来よけいな出費をしなくてよいように、今のうちにお墓にお金をかけておきましょう。




宗派によるお墓の違い

動画で分かる”宗派によるお墓の違い”

以下、本文です。

日本には同じ仏教でも多くの宗派があり、また時代によっても分派したりして、変化を繰り返してきました。

日本の主な仏教宗派

分 類

宗 派

開 祖

奈良仏教 南都六宗(三論宗、成実宗、法相宗、倶舎宗、華厳宗、律宗) 中国仏教の学派をそのまま受け継ぐ
密教 真言宗 空海(遣唐使で唐に渡り帰国)
法華経 天台宗 最澄(遣唐使で唐に渡り帰国)
鎌倉新仏教 融通念仏宗 良忍(浄土系)
浄土宗 法然(浄土系)
臨済宗 栄西(禅系)
浄土真宗 親鸞(浄土系)
曹洞宗 道元(禅系)
日蓮宗 日蓮(法華系)
時宗 一遍(浄土系)

 

お墓にはある程度、宗派によって違いがあります。香川県で多数派を占める真言宗と浄土真宗について、その歴史などと共に述べてみたいと思います。

 

◆真言宗

弘法大師空海が開祖 → 密教(大日如来を本尊とする秘密の教え)を伝える。

密教は言葉に寄らない教えであり、経典などで広く伝える顕教と対比。加地・祈祷を重んじる。

総本山は高野山金剛峰寺

・「即身成仏(現世において成仏する)」を最終目的とし、現実を肯定。

・平安後期、真言宗中興の祖:覚鑁により、浄土と密教を融合させ「真言念仏」を開く。五輪塔の生みの親であり、お墓や追善供養の習慣を全国で広めた。

・御宝剛「南無大師遍照金剛」を唱える。

・戒名に高僧や位の高い人には院号を付け、最後は居士(信士)・大姉(信女)で終わる。

・梵字を使用し、五輪塔にはそれぞれのパーツごとに梵字を付ける。

・追善供養のための卒塔婆を立てる。卒塔婆は五輪塔と同じく仏舎利を納めたストゥーパが語源。

 

◆浄土真宗

・開祖は親鸞 浄土宗開祖の法然の弟子。

阿弥陀如来を本尊とし、信心念仏で誰でも浄土に往生できるという考え。

つまり遺族による追善供養を必要としない。

・「他力本願」の本来の意味は、阿弥陀仏にすがり、すべての人々を仏に成らしめようということ。

・他宗派と比べタブーが多い。「門徒もの知らず」と揶揄されることも。

・卒塔婆供養をしない。戒名ではなく法名と呼ぶ。法名に院号などは付けず、霊位という文字も使用しない。仏壇に位牌を祀らない。五輪塔を建てない。水子地蔵を建てない。梵字を使用しない。霊標も建てない→法名碑。線香は立てずに横に寝かせる。などなど

・正面文字には「南無阿弥陀仏」と彫る。人間は、死ぬと何も無くなるという考え方から、お墓で先祖に向かって拝むのではなく、阿弥陀仏をお迎えして拝むという考え方。

 

お墓を建てる石材業者には、これらの知識は必須です。
これらの規則をご理解いただき、お寺さんの承諾があれば、お施主様のご意向に沿ったアレンジをすることも可能です。
石材店の営業マンの中には、このような知識も持たず、適当な提案をしてくる者もいますのでご注意下さい。




お墓じまいの進め方

お墓を撤去して、お骨をお寺に預けたり、散骨したりするいわゆる墓じまいですが、具体的にはどのような手順で進めればよいのでしょうか?

地域によって異なりますので、香川県の中讃地区を例にご説明したいと思います。

動画版はこちらをご覧ください 
(FM-SUN「まるごとえいじのコーナー」より)

以下から本文です。

  1. まずは、親戚などに確認をしておく → お墓に眠るのはあなたのご両親やご先祖がほとんどだと思いますが、親戚の方にとっても大切な肉親です。お墓が無くなることによって、トラブルになる可能性もありますので、特にご年配のいる親戚には必ず了解を得ておきましょう。

 

  1. お骨をどうするのかを決める → お寺の納骨堂で預かってもらう。海や山に散骨する。などを決めます。古いお墓の場合は、お骨が多量に出てきたり、土葬の骨が出てきたりすることもあるので、お寺の納骨堂に入りきらないこともあります。特にお寺や公営墓地などは、再販をするため、お骨はすべて取り出さねばならず、あとで困ったことになる可能性もあります。お骨の量がどのくらいあるのかは、実際掘ってみないと分からないのですが、土葬が何体も埋まっているような場合は、石材店に掘り出してもらった後、火葬して散骨するほうがよろしいかもしれません。

 

  1. お寺との関係も見直しておく → 今までお世話になっているお寺の納骨堂に預かってもらえるなら特に問題は起きませんが、別のお寺に預かってもらう、または散骨する、年忌法要もしないということで、お寺との縁切りを希望される方もおられます。しかし離檀料などを請求される場合があり、その金額でトラブルになるケースがありますので、よくよくお寺と相談をしておいてください。

 

  1. 改装許可証、墳墓撤去工事許可証などを申請する → 行政が管理しているような公営墓地であれば、撤去する場合でも改装許可証を申請せねばいけない場合があります。また石材店に依頼して、墳墓撤去工事許可証なども作成・提出せねばなりません。撤去工事後の撤去工事完了届などは、署名・捺印して石材店に預けておけば、工事後に代理提出してもらえます。さらに墓地も管理者に返還する場合は、使用墓地返還届などを提出します。

 

  1. どの段階まで撤去するのかを確認 → 丸亀市の青の山墓地のように、巻石や基礎まですべて撤去せねばならないのか、巻石や基礎を外すと隣のお墓に影響が出るので、そこは残してよいのかなどを墓地管理者に確認しておいて下さい。行政やお寺は、そこが管理者になりますが、昔からの村墓地などは地域の自治体だったりして、首長となかなか連絡がつかなかったりするので要注意です。さらに、”○○家之墓””南無阿弥陀仏”などと彫られたお墓の部材を棹石(さおいし)や拝み石などと呼んだりするのですが、その部分のみ別のところで安置して永代供養する場合と、廃棄処分する場合があります。家族が長年手を合わせたお墓だけに、廃棄するのはちょっと・・・という方は、お金は多少増えますが、永代供養にされたほうがよろしいかと思います。

 

  1. 撤去工事をお願いする石材店を決める → いよいよ工事をお願いする石材店を選択することになりますが、石材店との付き合いは一回きりだからと代金の安さのみで選ぶと、あとでトラブルになるケースもあります。例えば古い墓地で途中までしか撤去せず、台石や巻石をそのまま放置してあるところがあります。これは将来地震などで台石が倒れ、他のお墓に迷惑をかける場合もありますし、そもそも景観がたいへん悪くなります。また、作業員が深く掘らずにお骨を取り残していた場合など、後日次の使用者がお墓建立工事時にお骨が出てきてしまうなどということもあります。工事実績の多い、また地域に根付いた信用おける業者をお選びください。
    竹田石産(有)は、石材業として50年以上、坂出で墓石をお取り扱いさせていただいて約40年の実績があります。弊社にお任せいただければ責任をもって作業させていただきます。
    (但し、高松市・坂出市・宇多津町・丸亀市以外の墓石撤去につきまして、相見積もりのご依頼はお断りさせていただきます。現地調査のコストがかかりすぎるからです。ご了承ください。)

 

以上が、おおまかな手順となります。特に親戚との話し合いなどは時間がかかる場合が多いですので、決断をしたら早めに行動されることをお勧めいたします。