大島石

概略

大島石は、愛媛県今治市の大島(吉海町、宮窪町)で採掘される御影石(花崗岩)で、高級墓石材として関西地方で特に有名な石材です。

大島石の採石場
大島石は、瀬戸内海のしまなみ海道が通る愛媛県・大島で採石されています。この島は戦国時代、村上水軍が拠点とした能島が近く、その子孫が多く暮らす島です。大島石は江戸時代から美しく堅牢な石として知られていましたが、採石技術の未熟さ、搬出の難しさなどから、一部の人のみが知る名石でした。しかし、明治から大正、昭和にかけて、採石技術の進歩・機械化などで、採石量が増えるにつれ、大島石は一躍脚光を浴びるようになりました。特に産地に近い関西、中国地方では、お墓といえば大島石といわれるほど、絶大な信用と支持を得るとともに、今日では全国的に知られる石となっています。美しい空と青い海に囲まれた島より厳選されて産出される大島石は、高級墓石材として、ご先祖をおまつりするには実にふさわしい石といえます。

乱尺採取1

竹田グループ採石場
しまなみ海道の吊り橋

しまなみ海道の吊り橋
 大島石の特徴

石材の中でも、とりわけ墓石材は、その性格から審美眼も厳しく、施主からの数々の要望に応えられる石が求められます。施主の多くが墓石材に求めるものは、美しい石肌と石目、気品のある雰囲気、堅牢で美しさが永続きすることなど、多岐にわたって厳しい要望があります。これら施主の要望に対して、100%応えることのできるのが大島石なのです。

大島石は花崗岩特有の雲母、石英、長石の配合の妙が美しく、石目も細やかで、青味を含んだ石肌は大島石特有の美しさといえます。また、建墓した時、周囲を圧倒する気品と風格を持つのも大島石の特徴です。石の堅さ、吸水率の低さは、国産の花崗岩の中でも一、二を争うもので、この事は堅牢さ、長期にわたっての品質の安定、また、研磨による光沢の優れていることを示しています。このほか、特筆すべき大島石の特徴としては、建墓後、時を経るごとに青みが強く感じられ、ますます美しく深みのある石肌を示すことです。
吸水率が高いほど水分を吸収しやすく、サビや風化の原因となります。

大島石肌

気品のある美しさ

大島石は、石目、石肌とも美しいことでは定評がありますが、外見的には、とりたてて大きな特徴はありません。しかし、青磁の肌を感じさせる気品は、まさに“石の貴婦人”の名にふさわしいものがあります。 なによりも建墓した時の、他を圧倒する気品、風格は大島石ならではのものがあります。

堅牢なこと

国産の花崗岩の中でも、特に大島石は堅くて石に粘りがあるといわれています。また、吸水率が低く、どんな過酷な条件の中でも真の石の強さを示し、永く建墓時の状態を保ちます。なにより、石の堅いこと、吸水率の低いことは、研磨によって美しい光沢を得ることができます。

色褪せしない

大島石の最大の特徴は、建墓時の状態を永く保ち、決して色褪せしないことです。むしろ、時が経つにつれて青味が強く感じられ、一層深みのある石肌を示し、永く美しさを保ちます。建墓後、色褪せや退色のトラブルが多い中で、永く品質劣化のない大島石は墓石材としては最適です。

100年品質

大島石のもつ石目、石肌の美しさ、気品、風格、堅牢さは、大島石特有の優れた特性であり、永い伝統と実績に裏づけられて、まさに100年品質の名にふさわしいものがあります。墓はそれぞれの家の礎であり、代々継承されていくものだけに、100年品質の大島石こそふさわしいのです。

 
弊社建立の大島石特級墓

弊社建立の大島石特級墓

こうした大島石の優れた特性は、永い時代の流れの中で実証され、関西・中国地方では、高級墓石材といえば大島石を指すまでに、絶大な信用を得、今や全国的に大島石は知られるようになってきました。

大島石協同組合青年部会長時代

公式ウェブでのコメント
大島石語る

同会長時代に作成した公式キャラクター
大島石広報キャラクター 美景(みかげ)ちゃん

大島石広報キャラクター 美景(みかげ)ちゃん

東京で開催されたジャパンストーンフェアにも参加
 DSC00598DSC00604DSC00603 DSC01342 DSC00616 DSC00609
 大島石に関連した書籍

大島近くのしまなみエリアで勢力を誇った村上水軍を題材にした小説。

2014年の本屋大賞を受賞しています。